私が考えた芸能と芸術について。

私が考えた芸能と芸術について(2019/06/29)

私が独自に考えたものになります。

1. 芸能と芸術の定義
芸能は、本人などの身体を使った作品と言えると思います。
芸術は、絵画などの作品を作成すると言えると思います。

2. 芸能と芸術の評価基準
魅了する、感動する、慟哭するが、評価基準になるかと思います。
魅了するとは、鳥肌が立ち、もう一度見たいと思うことになるかと思います。
感動するとは、涙し、何度でも見たいと思うことになるかと思います。
慟哭するとは、大いに涙し、ずっと見ていたいと思うことになるかと思います。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック